群青色の藍の部屋

藍春帷里という者が管理しております。
Posted by 藍春帷里

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 藍春帷里   10 comments   0 trackback

今日と明日と。

藍春です。

現在午後11時30分。
りっちゃん誕生日!
おめでたーいっ

そしてあと30分すると実は私自身が一つ老けてしまいます。
あんまり嬉しくないね!
でもとある種類の漫画とかが買えるように……((ゴニョゴニョ
いや、それはともかく。

というわけで未来の私を見つめてみることにしました。
結構よくやってますけどね。

私次は○学生なのですけど。
はい、受験ですね。
でもぶっちゃけていえば来年からの学校は、どこでもいいです。
私立とか関係なく、別にどこでも。
特待生とか推薦とか、とれたらそれが勿論いいけれど、特別とりたいわけではないですし。
普通に受験して受かればいい。

けど、夢があります。
絶対叶えたい夢。
IT技術関係の仕事がしたい。
たとえ辛くても、好きだから!
それが叶えられる準備が出来る学校に行きたいです。

それは甘えでしょうか?
みんなが死に物狂いでやっているところにいては邪魔でしょうか?
違うと信じたい。
そのために、本気になれると思いたいから。


というわけで、一つ老けちゃうよ!
藍春でした。
スポンサーサイト

Comment

X GAZER X says... "No title"
まだ嬉しくてもいいお年なのでは?
えっと・・・とある種類の漫画とはなんでしょうねw
気になるようなことをあえて書くとはwww
なるほど・・・次は○学生ですか!
受験勉強は大変でしょうけど頑張って下さい。
夢を叶えるために・・・。
陰ながら応援していますよ!
藍春さんなら合格できますよ☆
2011.08.23 00:45 | URL | #- [edit]
藍 says... "No title"
老けましておめでとーw
また一歩オトナの階段を登ったね。

○学生というと…あ、中○生かっ(殴

IT技術関係の仕事であれば、多少は相談に乗れるかもしれません。
いちおう理学部だし、それっぽいお仕事してるし、
そのかたわらで大学や専門学校で講師もしてたり…。

甘えとか邪魔とか、そういう心配は全然だいじょーぶ。
夢がある、好きだからっていう理由、むしろウェルカムです。

というのも、自分の数少ない経験と、つたえ聞く話によれば、
大学や専門学校で死に物狂いになってる学生は、
せいぜい全体の1~2割くらいだから。
あとの大半は、どちらかと好きだから、おもしろそうだから、就職に有利っぽいから、
という感じの人たちなのね。
私なんか、たまたま推薦枠が空いてたから突っ込まれただけで…(聞いてないw)

ですから学校は大丈夫。

ただITといってもいろんなジャンルがありますよね。
たとえばWebデザイナーとか、プログラマ、システムエンジニア、などなど。
そういうのに強そうな大学か専門学校を選ぶといいでしょう。

具体的な職種がはっきりしていない場合は、大学の方が自由度は高いです。
いろんな授業を受けてみて、それからじっくり絞り込んでいく感じで。
教職・研究職狙いなら理学部、就職なら工学部の方が多少有利、かな。

専門学校は入学する学科を決めた時点で(たとえばWebデザイナー科、みたいな)
ほぼ方向が決まってしまう。ですから入学してから「こんなはずじゃなかった」
ということがないように、よくよく考えてみてください。
2011.08.23 06:18 | URL | #mQop/nM. [edit]
成瀬 says... "No title"
お誕生日おめでとうございます!
あれ、次○学生ってことは一つ上の先輩だったのか!

ずっと同い年か一つ下ぐらいだと思ってましたーw
藍春先輩これからもよろしくですw
2011.08.23 20:55 | URL | #- [edit]
藍春帷里 says... "ガゼルさん"
とある種類の漫画なのかな?
そうですかね、あの今アニメで放映しているあれのタイトルなんかぴったり。

受験って結構厳しいみたいで、
どうしても出たかった大会にも出れないんですけど
それでも将来よかったと思いたいですしねーw
力強い応援ありがとうございますっ
2011.08.23 22:41 | URL | #- [edit]
藍春帷里 says... "成瀬先輩"
ありがとうございます。

家、違いますよ。
藍春は成瀬さんの二つ下だと思います。
R-○の方ですね、誤解させてすいません。
これからもよろしくです、なるせせーんぱいっ
2011.08.23 22:44 | URL | #- [edit]
藍春帷里 says... "藍さん"
大人の階段、というと聞こえはいいけれど
最近腰痛が激しくなってきた藍春です、ありがとうございます。

流石に次中○生は羨ましいくらい若いですw
でもその頃に戻りたくないですね。

そういえば藍さんはITのお仕事してるって言ってましたよね。
好きだから、といっても思いっきし文系な私なんですけどね。
英語さえできたら語学関係も考えていたかもしれません。

推薦枠に入れるって、とても優秀ってことですよね?
有能で可愛い藍さん……年下だけどぎゅーってしてもいいでしょうか?w

具体的な職種は決めてないです。
まだそこはだいぶ勉強不足なので。
システムエンジニアがいいかしらと思っているのですけど
小さい頃から「先生になりたい」という夢をいまいち捨てきれないので――というところ。
ゆっくり決めていこうと思います。

うちはお金に余裕がそこまでないので、このまま何も無ければ専門学校は多分ないと思います。
大学、特に国立に入れればいいけれど、という感じですね。
でもそれはまた3年後、4年後のお話なので。

今は大学と繋がった私立に行くか、お金に負担のない都立(都内在住なので)に行くか迷っている段階です。
国立が勿論一番だけど、飛躍的に伸びない限り現段階では無理ということなので。
それなりの成績は多分あるので、都立のいいところに受かればいいのだけど、内申が心許ないですし…。
多分結局は周り任せになると思います。

わざわざありがとうございました。
2011.08.23 22:57 | URL | #- [edit]
藍 says... "No title"
ちょっとウザいかな…と思いつつ、若干の補足。

> 推薦
いや、頭よくないから、もう全然ww
推薦枠に入れてもらえたのはイロイロな幸運があったからなんです。

そもそもDQN高校だったこと。
家庭の経済的事情で推薦辞退した友人がいたこと。
部活と生徒会活動で積極的に動いてたから内申だけはよかったこと。
そして科学系だけ極端に成績がよかったこと。

推薦資格が内申評価では5段階換算で4.0以上だったんですが、
私は3.6しかなかった。だから本来なら枠に入る資格すらなかったんですよ。
でも友人が辞退した時、すでに他の優秀そうな子はほとんど進路が決まってて、
消去法で物理だけいつも高得点だった私に、担任が白羽の矢を立てちゃったw

それから試験が小論文と面接だったのもラッキーだったねー。
口先だけならそこらの人間に負ける気しなかったしww

あとは、実際の試験は圧迫面接っぽい感じだったけど、
社会人相手に乱捕した怖さに比べたら…ねえw



> 大学
東大出身の先輩の受け売りに近いけど、
もし大学、それも四大狙いであれば一度は予備校に、
それも極力大手の予備校で進路相談をしたほうがいいです。

私自身は選択肢ほとんどなかったけど、
予備校の進路情報はとっても充実してます。
本人の希望や模擬試験の成績から望ましい学部を探してくれたり、
合格率をはじき出したり。

一般の高校は自分の所のデータしかないけど、
大手予備校は全国の受験生と大学の合否ラインの情報を握ってるから。
それとAOや推薦の場合も小論文や面接対策してくれる所もあるしね。

もちろん、それなりのお金はかかるので、
保護者の方とよく相談してみてください。


有能でもないし可愛くもないけど、ちっちゃいのは間違いないので、
こんな私でよかったらぎゅーっとしてもいいですよーw
2011.08.28 06:48 | URL | #mQop/nM. [edit]
藍春帷里 says... "藍さん"
最初に。
今まであまりしっかりと言ってこなかったのでここで。
私みたいな、はっきり言ってしまえば見ず知らずの小娘と仲良くしていただいたり、
アドバイスしていただいたり、忠告していただいたり……。
普通なら考えられないことを沢山していただいて。
とても感謝しています、ありがとうございます。
ウザいなんてとんでもないですし、これからも必要とさせていただくと思います。
これだけ言っておこうと思いまして。

運も才能の一つ。
というのはすごくそう思うんですけど、
多分藍さんは、大学推薦に関しての運がとても強かったんだと思います。
それは藍さんの才能だし、誇っていい部分だと思うんです。
そして加えると、私は多分、持っていないんですよね。
昔から結構不幸少女だったので。
具体的にはせっかく中学校受験して某私立に入学しても、
一年で引っ越して公立中学に転校したこととか。
いや、それはそれで今も楽しいのでいいのですけど、
やっぱり高校受験をしなくてもよかった、というのは自堕落な学生の私としてはポイント高いですから。
そして私は地道に稼ぐしかないのかなと。
三年後のことなので変わっているかもしれませんけど、
今のまま行けば、得意な教科で推薦取ろうとするとどちらかというと国語系統になると思うんです。
おかげさまで、昔から国語だけはできるので。
面接も中学受験のときに経験したことがあるのですけど、ガチガチでしたw
というわけで自分の運がないことだけは再認識できました……(苦笑)

そして予備校ですね。
まだ考えなくても大丈夫かなと思うのですけど、
3年後、親の年収が大幅に上がることがない限り、
もしくは妹が高校に行かず働くなんていうことを言い出さない限りは予備校行けないと思います。
聞いていないのでちょっと分かりませんけど、
なんでしょう、言外に「お金をかけるのはこれで最後だから」みたいなところがあるので。
そして塾や予備校が少し怖いです。
今通っている所が、言い方が悪いかもしれませんが、スパルタといいますか。
頭が良い奴は塾に缶詰めにされてしまう、といいますか。
それって勿論受験する身としては万々歳なんですけど、
物凄く怒鳴られまして、結局最後の大会を辞退することになったので。
それがちょっと怖くて、あまり行きたくないというか、早く終わってしまいたいといいますか。
そんなところばかりじゃないということも、先生だって私のためを思って言ってくれているということも
頭では分かってはいるんですけどねw
それが理由というわけでもないんですけれど、やっぱり金銭上、現段階では予備校は考え辛いです。
もし高校で私が覚醒したら(笑)是非予備校で学んでいいところに行きたいところではありますけどw

絶対可愛いです、藍春の百合センサーがそう告げていますw
というわけで絶対ぎゅーってします!笑
それではありがとうございました、とても役に立ちました。
2011.08.28 21:31 | URL | #- [edit]
藍 says... "No title"
ちょっと入院したりしてまして、遅くなりました。

それでは、もう少しだけ。
長いので特に返信はいいです。
読んでもらうだけでかまわない。

私の大学受験に関しては、ものすごく幸運だったのは確かですね。
運も才能のうちという考え方もあるかも。

ただ私は「藍春さんはかなり見どころあり」と感じてます。
それでこのブログにちょくちょくかよってるわけですが。
理由はふたつ+1。

ひとつめ。
だいたい、10代半ばでこれだけ文章を書けるというのは、
もう驚異以外の何物でもないです。質・量もさることながら、
何よりも大事なのは「書きたい」という衝動そのもの。

ここでは新潮社の「影の天皇」とも呼ばれた編集者・齋藤十一さんの言葉を
引用しておきましょう。

「書かずにいられない何か、つまり“デーモン”を生まれながらに
心に秘めているのが物書きの資質だ。これがなければ、いいものは書けない」
ttp://twitter.com/FAUST_editor_J/status/108291816230621184


ふたつめ。
それからもうひとつ、藍春さんは才能を持ってますよね。
それは続けられるということ。

運動やっていると「諦めたら試合終了」「継続は力」といった、
続けることが大事だ的な言葉を耳にしたことがあると思います。
部活でも、あるいはブログでもいい。
何かを1年以上続けられるというのは、それだけで一種の才能。

インターネットの動向調査のレポートなんか読むと、
日本は世界有数のブログ大国なのですが、
その一方で3日で70%、1週間で80%、1か月で98%の人が更新しなくなるとか。
ブログを1年以上も続けられるというのは、もうそれだけで大変なことなんです。


そして+1。
結局、私が藍春さんのことを気に入ってるんですね。可愛い妹みたいな感じ?
もっとも身長はそちらのほうがずっと高いんだろうけど。
私なんて153しかないし…orz

それはさておき、ここから本題です。

運がないということであれば、地道に実力つけることに専念した方がよさそうですね。
圧倒的な実力があれば、多少の運・不運は関係なくなりますから。

たとえが悪いかも知れないけど、たとえいくら運が味方したとしても、
バレーボールで小学生のチームがオリンピックの代表チームに勝てるなんて、
まずありえないでしょ?w

それからIT系にも文系出身の技術者さんは少なからずいらっしゃいます。
さらに技術系の文章のお仕事というのもあって、
これは一般的に「テクニカルライター」と呼ばれてます。
私の本来のお仕事もこれになります。
たとえば説明書作ったり、キャッチコピー考えたり、
Webの宣伝ページ作ったり、ですね。
それがどうしてこんなことに…しくしく(どうでもいいw)



ところで、日本の教育システムの文系・理系という分類は、
少なくともIT系ではあまり意味を持ちません。
採用時に重要視されるのは、主に次のようなポイントです。

・新しいモノが好きか
・論理的な思考ができるか
・人並み、もしくはそれ以上の体力があるか
・ある程度の協調性があるか

「論理的な思考」で誤解する人が少なくないんだけど、
文系でも基本的な論理は必要だし、鍛えられる場所もちゃんとあるんです。
たとえば法理・哲学系の出身の方には「なんでそこまで(呆れ)」というくらい、
論理的整合性にこだわる人が、それはもうゴロゴロいらっしゃいます。

それと先日他界した私の同居人も、本来は翻訳の専門家でした。
知っているだけでも6か国語(日英西伊仏独)を日常的に使いこなしていて、
さらに中国語や韓国語も勉強していたようです。

で、この文章というものも、文法的にどうかと捉えはじめると、
これはもうすさまじいまでの論理の世界に突入するんですねー。

「なぜこのような構成にしたのか」
「なぜこの箇所のこの表現はこう書かれているのか」
「なぜここにこの副詞を使うのか」
「ここにはXXのような表記を使用すべきではないか」
「ひとつの文に複数の内容を書くな。わかりづらいんだよボケ!」

などなど、ずいぶんダメ出し喰らったものです(遠い目)

それと実際に同居人はかなり必要に迫られて、
自身でもプログラムの読み書きをするようになったのですが、
彼女曰く「人間の言語に比べれば、プログラム言語ははるかに易しい」
のだそうで。

要するに文系だからというのは、必ずしもハンディキャップにはなりません。
むしろ一芸に秀でる人は歓迎される傾向すらあります。
まだまだ時間は何年もありますし、まずは藍春さんの考えているように、
自分の得意分野を伸ばすことに賛成です。それはいつか必ず力になるでしょう。
人生を切り開くための。

その上で、保護者の方々や進路指導の先生たちと、よーく話し合ってみてください。
2011.09.03 05:35 | URL | #mQop/nM. [edit]
藍 says... "No title"
追記です。

参考までに、IT系と言えなくもないゲーム業界の採用事情記事を目にしたので、
ご紹介しておきます。ちょっと長いので、お時間のあるときにでもどうぞ。

「ゲーム業界で働くなら中二病は大事」採用担当が語るゲーム業界採用事情
http://gigazine.net/news/20110903_game_recruit/

いきなり大卒後の自分をイメージするのって難しいですよね。
というわけで、たまにはこういう小難しい記事も読むようにすると、
次第に自分のやりたいことが具体的にみえてくるんじゃないかなあ、と。
2011.09.03 18:19 | URL | #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1192wakiaiai.blog2.fc2.com/tb.php/492-d3a3540e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。